Staff Blog

新 卒 者 採 用 情 報

< 募 集 要 項 >

 募集を締め切りました。

・職   種: 営業職
         消防車両・消防防災用品の販売業務、代理店サポート業務
・採用人数: 1人
・応募資格: 平成28年3月に
         大学院(修士)修了見込、4年制大学を卒業見込みの方
・応募学部: 不問
・求める人材:自分自身で考え、最後まで粘り強くやり遂げる実行力の持った方
・提出書類: 履歴書、成績証明書、卒業見込証明書
・選考方法: 1次:書類選考 上記書類 平成27年8月1日~8月7日 必着
                            郵送・持参先 〒680-0921 鳥取市古海356番地1
                        株式会社吉谷機械製作所 総務課 宛
                                               ※8月1日、2日は弊社休業日
         2次:面 接(書類選考後、合格者に面接日を通知いたします。)
・勤 務 地: 本社(鳥取県鳥取市古海356番地1)
・会社訪問: 随時受付 :平成27年7月31日まで
・採用実績: 平成26年3月卒 大学院生1名 
         平成27年3月卒 大学院生1名
————————————————————————————-
・給   与: 弊社給与規程による
・昇   給: 年1回
・賞   与: 年2回
・諸 手 当: 通勤手当、家族手当、など
・福利厚生: 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
・勤務時間: 8:30~17:10(所定労働時間7時間40分) 
         一年単位の変形労働時間制
————————————————————————————-

2015.06.24

ご注意:当社の名をかたる業者に関する注意喚起

 当社の名をかたり、古い消火器の引き取りや消火器の訪問販売を行っている者がいるとの情報が寄せられました。
 当社では、町内会や防災会を通じて消火器等の販売をしておりますが、個人様のお宅を訪問して販売する’訪問販売’は致しておりませんので、ご注意ください。

2015.03.26

新社屋完成

平成26年11月29日、かねてより建設中であった新社屋が、弊社敷地内に
完成いたしました。

旧社屋から完全移行し、12月8日よりこちらの事務所で業務を開始します。

新しい環境の中、気持ちも新たに、社員一同協力し業務向上に取り組んで
まいる所存であります。

今後とも、一層のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2014.12.01

オリジナルTシャツ販売について

東京国際消防防災展2013で展示していたオリジナルTシャツ、好評でしたのでこちらにURLを添付させていただきます。→nesnoo 楽天市場店

和柄Tシャツなどデザインに定評のある『シセイ堂デザインnesnoo(ネスノ)』さんから限定予約販売(10月末まで)されるそうです。※弊社では販売いたしておりません

ご興味ありましたら、是非ご覧になって下さい。

2013.10.11

東京国際消防防災展2013への出展ついて(ご案内)

 この度弊社は「さらなる進化」「コンパクトカー」「次世代消防車デザイン」をテーマに企画を進めてまいりました。その成果を、東京で開催される「東京国際消防防災展2013」にて披露いたします。

1)吉谷式多機能型コンパクトカー(デモカー)
「消防車を通して夢を与えたい」をテーマに、人に親しまれ、信頼される消防車をご提案いたします。デザイナー角田治氏との共同作業により、緊急車両に欠かせない注意喚起や視認性を向上。さらに頼もしく”カッコいい”外観に。また、操作性に優れたタッチモニターやタブレットPCによる遠隔操作システム(コンセプト品)など、各種製品の展示をいたします。

2)メカニックデザイナー大河原邦男
           ― 次世代消防車デザインプロジェクト―

「科学忍者隊ガッチャマン」、「機動戦士ガンダム」のメカニックデザインで知られる大河原邦男氏とのコラボにより誕生した次世代消防車デザインを発表します。(絵と設定資料)
これは弊社の理想と大河原氏のアイデアを形にした、次世代に提案する消防防災車両の一例です。このような提案により、消防防災業界に新たな風を送り続けていければと考えています。

東京国際消防防災展2013
会 場  東京ビッグサイト 西1・2ホール・アトリウム・屋外展示場
日 時  2013年10月2日(水)~5日(土) 10:00~17:00  
入場料  無料(登録制)

2013.10.02

次世代消防車デザインプロジェクトについて

弊社のプロジェクトに格別の関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。 今年3月に掲載されました大河原邦男さんとのプロジェクトについてですが、 詳細を纏めましたのでお知らせします。 今後ともよろしくお願いいたします。 プロジェクト概要→y05.pdf

2013.04.24
2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー