Staff Blog

たくさんのお問い合わせを頂きました。

 当社のプロジェクトに格別の関心をお寄せいただき誠にありがとうございます。
第一報をお聞きになった皆様からたくさんのお問い合わせをいただいております。
本来なら個別にご返事すべきところではありますが、この場をお借りしまして
ツイッターなどで呟かれている疑問なども合わせ、代表的なものにお答えします。

 

ご質問:
大河原邦男さんがデザインされた消防車が本当に製造されるのですか?

お答え:
可能性はゼロではありませんが、製品化を前提にスタートしたプロジェクトでは
ありません。
具体的な動きはまだ始まったばかりで、どのようなご提案をいただけるのか
私どもも楽しみにしています。

 

ご質問:
なぜ大河原邦男さんに依頼したのですか?

お答え:
大河原邦男さんは長年メカニックデザイナーの肩書きでご活躍されていますが、
同時にクラフトマンとして実際に製品を開発しておられます。
大河原邦男さんが作り手の目線をお持ちのデザイナーでいらっしゃることは
とても重要なポイントでした。

 

ご質問:
消防車が二足歩行ロボットになって合体変形するのですか?

お答え:
当社はロボットの製造はしておりませんし、このプロジェクトもロボットの開発を
前提にしたものでもありません。
しかしながら「レスキューロボット」でキーワード検索されますと阪神・淡路大震災
をきっかけに日本国内で 救助用ロボットの開発が活発になったことがお分かりに
なるはずです(画像検索もぜひ)。
二足歩行、あるいは合体変形できる救助用ロボットが、今すぐ登場するかは
分かりませんが、SF世界だけの話でなくなっているのは確かです。

 

ご質問:
赤いのですか?

お答え:
ツイッターでは「シャア専用なのか?」などの投稿が目立ちました。
最初に日本に輸入された消防自動車が赤かったことなどがあり、法律の定めで
「消防自動車の外装は朱色」と定められていますので、赤をベースとしたデザインに
なると思います。

 

ご質問:
3倍速いの?

お答え:
そうであれば嬉しいですね(笑) 少なくとも話題性は3倍以上ありました。
大河原邦男さん、ファンの皆様には大変感謝しております。

 

ご質問:
消防車はいつ完成するのですか?

お答え:
つい先日大河原邦男さんのご了承をいただいたばかりで、プロジェクトに関する
多くのことを発表できるのは4月以降になりそうです。もう少々お待ちください。

 

 この他にもたくさんのお問い合わせをいただきましたが、現在お答えできるのは
ここまでです。
何とぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

株式会社 吉谷機械製作所

2013.03.09

日本海新聞(3月6日付)に掲載された記事につきまして

平成25年3月6日付の日本海新聞に掲載された
新プロジェクトについて関心をお寄せいただきありがとうございます。

メカニックデザイナー大河原邦男さんに、
会社PR用の消防車デザインを依頼したのは事実ですが、
具体的にはまだ何も決まっておらず、
消防車製造など内容についてはまったく未定です。

今後の展開、詳細につきましては近々にお知らせいたします。
何とぞよろしくお願いいたします。

  ・平成25年3月6日付 日本海新聞:掲載新聞記事

2013.03.06

納入実績 平成23年 救助工作車Ⅲ型

カテゴリー: 救助工作車 情報更新: 2011年6月17日

平成23年 救助工作車Ⅲ型

平成23年 救助工作車Ⅲ型:左側面

平成23年 救助工作車Ⅲ型:右側面

平成23年 救助工作車Ⅲ型:右後部

平成23年 救助工作車Ⅲ型:後部

特徴

低床4駆シャシーに画像探索機等、高度救助資機材を積んだ救工Ⅲ型。
高圧噴霧消火装置も装備し、少量の水で有効に消火が行えます。
左右両面には自動シャッターを設け、機能性にも優れています。

基本スペック

平成23年 救助工作車Ⅲ型基本スペック
シャシー型式 日野 BDG-GX7JGWF-GT
全長 7690mm
全幅 2320mm
全高 3120mm
ホイルベース 3750mm
総重量 10570kg
定員 6人

※上記スペックは掲載車両のものになります。使用シャシー、仕様により数値は異なります。

取付オプション装置

・クレーン:TM-ZE303
・フロントウィンチ:CW5202FR
・高圧噴霧消火装置:ジェットファイアーフォギングシステム
・油圧取出装置:ホルマトロ
・投光器:MS-604U型 600Wメタハラ×4灯
・左右両面自動シャッター

※上記オプションは掲載車両のものになります。

 

2011.06.17

東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

この度の東北地方太平洋沖地震におきまして、被災された皆様には
心よりお見舞い申し上げます。そして犠牲になられた方々、そのご遺族
の皆様に対しまして、心よりお悔やみ申し上げます。

被災地が一日も早く復興・復旧されます事を心よりお祈り申し上げます。

平成23年3月18日
株式会社吉谷機械製作所
取締役社長 吉谷典雄

2011.03.18

全国消防操法大会で当社の操法対応型消防車が優勝しました!

 11月12日に愛知県で開催されました、第22回全国消防操法大会のポンプ車操法部門で、
当社の操法対応型車両(H21年製造)を使用された、地元鳥取県の江府町消防団第一分団                    が見事優勝されました。


 また2番員、3番員、4番員の方が最優秀選手賞を受賞され、優勝に華を添えられました。


 これも日頃の訓練の賜物と拝察いたします。


 鳥取県江府町消防団の皆様、優勝おめでとうございます。


当社の操法対応型車両についてはこちら 
※今回、優勝した車両とは仕様等、異なる箇所がございます。

2010.11.13

新型CAFSに関するお知らせ

  各    位

平成22年8月11日

株式会社吉谷機械製作所

株式会社モリタとのCAFS装置(OEM)に関する業務提携について
 

  株式会社吉谷機械製作所は、株式会社モリタとのCAFS装置の販売製造に関して業務提携することをお知らせいたします。

【提携にいたるまでの経緯・主旨】

  近年、消防自動車の更新需要は減少傾向にあり、今後国内での競争が激化することが予測されます。そのような中、市場での優位性を維持することが喫緊の課題となっておりました。

  このような状況の下、当社といたしましても市場のニーズが高まりつつあるCAFS装置の販売を強化すべきと考えます。もちろん、皆さまご存知のように当社は海外製のCAFS装置を今まで販売してまいりました。しかし、性能向上やコスト削減を図る上で優れたCAFS装置(OEM)を搭載した消防自動車を販売する事が、今後の販売増、何よりも顧客満足度向上のために最良の方法であると判断し、今回新たなCAFS装置、名称 「Rapid Fire Foam」 として販売いたします。

    詳細につきましては、後日改めて発表いたします。

 

【今後の対応】

   今後について、現在ご使用いただいておりますCAFS装置(海外製)につきましては、新規販売はいたしませんが、メンテナンス・部品交換等の対応は継続いたします。

 今後とも一層精進し、高品質な製品とサービスの提供に努めてまいります。

以  上

2010.08.11
2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー